レンズレビュー
PR

高コスパキットレンズ【FUJIFILM XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS】を作例つきで紹介します

XF1855mmサムネ
camcam
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

2013年、富士フィルムのミラーレス機を初めて買った時に【X-E1】のキットレンズとして付いてきました。

その当時はNikonのフルサイズカメラを使用していましたが、キットレンズでも『ここまで綺麗に写るのすごすぎる!』と思い、富士フィルムにすぐに買い替えました。

それから9年経ちましたが、今でもレンズ交換ができないシーンでは、使用頻度が高いレンズです。

XF18-55mmF2.8-4 Rの良いところ
  • 軽量コンパクト設計
  • 開放F値2.8の明るさ
  • 手ブレ補正機能

今回の記事では、XF18-55mmF2.8-4 R LM OISの良いところやイマイチなところを紹介していますので、レンズ選びの参考にしてください。

created by Rinker
¥96,329 (2024/04/10 17:34:39時点 楽天市場調べ-詳細)

XF18-55mmF2.8-4 R LM OISの概要

F18-55mmF2.8-4 R LM OISの外観

XF18-55mmF2.8-4 R LM OISのスペック

レンズフィルター58mm
焦点距離18mm-55mm
開放絞りF2.8
最小絞りF22
最短撮影距離30cm
最大撮影倍率0.15倍(T端)
最大径×長さ65mm×70.4mm
65mm×97.9mm
重量310g
フィルターサイズ58mm
(35mm換算値27-84mm相当)

付属品

  • レンズフロントキャップ
  • レンズリアキャップ
  • レンズフード
  • ラッピングクロス

X-PRO2にXF18-55mmF2.8-4 R LM OISを装着した様子

F18-55mmF2.8-4 R LM OISの外観
F18-55mmF2.8-4 R LM OIS


素材に金属が使われているので、高級感がある。

F18-55mmF2.8-4 R LM OIS
F18-55mmF2.8-4 R LM OISの外観

XF18-55mmF2.8-4 R LM OISの機能性

走り回る子供は、X-PRO2だとAFは厳しいですが、少し動いているぐらいなら十分撮れます。X-T4やX-H1なら、よりシャッターチャンスを逃しにくくなります。

XF18-55mmF2.8-4 R LM OISの良い点

軽量コンパクト設計

F18-55mmF2.8-4 R LM OISの外観


18-55mm(35mm換算値27-84mm相当)のF2.8始まりの標準ズームでありながら、重量は310gという軽量設計。

鏡筒が太くないので、スッキリとしたデザインでどんなXマウントのカメラにも合わせやすいです。

ワイド側(W端)開放F値2.8の明るさ

F18-55mmF2.8-4 R LM OISの外観

ワイド側(18mm)に限定されるが、開放F値2.8の標準ズームレンズが数万円で手に入れることができるのは、コスパ抜群です。

3.5段手ブレ補正機能付き


手ぶれ補正の恩恵をしっかりと受けることができます。

現在では、もっと強力な手ブレ補正のレンズが出ていますが、手ブレ補正のないレンズを使用すると、撮影画像を拡大すると微ブレしていることがあるので、結構ショックですよね。

手ぶれ補正があるのとないのでは大違いです!

XF18-55mmF2.8-4 R LM OISがイマイチな点

単焦点レンズには写りが敵わない

等倍まで拡大すると、単焦点レンズとの違いが出てくるのですが、拡大しなければ差が分からないレベルの写りです。

なので、等倍鑑賞をしない、大きく引き伸ばさない方にはおすすめのレンズとなります。

もし、単焦点レンズってどんな写りなんだろう?と気になる方は「【2023年度版】『富士フイルム Xマウントレンズ』おすすめ10選|作例紹介付き」を参考にしてみてください。

絞りリングのクリック感が軽く、無限に回る

XF18-55mmF2.8-4 R LM OISの外観

レンズに絞りリングが付いているのですが、撮影中に気づいたら絞りリングが回転して、F値が変わっていることがあります。

撮影時に確認すれば良いのですが、シャッターチャンスが急に現れるシーンでは確認できないので、もう少しクリック感が固いとありがたいです。

また、撮影にはあまり問題ないのですが、絞りリングが無限に回ってしまうので、開放絞りと最大絞りの位置でストップしてくれると、もう1段階高級感が出てくると思うので、少し残念なところです。

作例(撮影サンプル)

x-pro2の作例
カメラ機種は X -E1で撮影したものです。望遠側(55mm)で近づいて撮影すると、背景はかなりぼかすことが出来ます。
x-pro2の作例
XF18-55mmF2.8-4 R LM OISで撮影したハワイ
富士フィルムのカメラは海面の反射や水たまりの水面が綺麗に写すことができるので、ついつい水面を撮ってしまいます。
XF18-55mmF2.8-4 R LM OISで撮影したハワイの木
XF18-55mmF2.8-4 R LM OISで撮影した作例
赤ちゃんの肌も再現度高く表現できます。
XF18-55mmF2.8-4 R LM OISの作例
XF18-55mmF2.8-4 R LM OISの作例

等倍鑑賞しなければ単焦点レンズに匹敵するぐらい美しい描写を表現してくれます。

まとめ


広角27mmから中望遠84mm(35mm換算値)までカバーすることができるので、旅行などのレンズ交換がしにくいシーンにはぴったりのレンズです。

created by Rinker
¥96,329 (2024/04/10 17:34:39時点 楽天市場調べ-詳細)

レンズ交換が苦にならない方や、すでにレンズ資産をたくさん持っている方だと使用頻度は下がってしまうかもしれません。

逆に、Xマウントの所有レンズが少なめの方に特におすすめです。
まずはこのレンズで、富士フィルムの『色』を味わって満足できたら、単焦点を追加してみてはいかがでしょうか。
新品のレンズ単品価格だと割高に感じますが、メルカリは中古であれば三万円台で手に入れることができます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
ブログ運営者:カルビー
ブログ運営者:カルビー
カメラが大好きな一児の父です。 カメラが趣味になって10年以上、今までに100万円以上はカメラに費やしてきました。 その経験を活かしつつ、ブログを書いていきます。
記事URLをコピーしました