レンズレビュー
PR

大三元レンズ|望遠ズーム「フジノンレンズ XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR」レビュー【作例紹介付き】

camcam
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

富士フイルムの中には『神レンズ』と呼ばれているものがあり、「FUJIFILM XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR」がその1つです。

今回は、発売時からずっと気になっていたレンズだったのでレンタルしてみました。

運営者:カルビー
運営者:カルビー

8年前に発売されたレンズだし、今さらレンタルするのはどうかな•••と思っていたのですが、AF性能も文句なしで、本当に神レンズです。

撮影した写真をカメラの液晶画面を確認し、一瞬で「このレンズはヤバい!!」と感じる描写性能。

今回の記事では、「FUJIFILM XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR」を実際に使ってみて感じたメリットだけでなく、デメリットも含めて紹介していきます。

好評につきキャッシュバックキャンペーン延長‼️

2023年11月21日〜2024年1月21日3月31日の期間限定で、「FUJIFILM XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR」が10,000円キャッシュバックで購入できます!

参考URL:富士フイルム公式HP

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの外観

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの外観1

「FUJIFILM XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR」は、サイズ82.9×175.9(mm)、重量1kg弱の焦点距離76-213mm(35mm換算)のF2.8通しのレンズです。

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの外観6

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRには、ズームリング、絞りリングが備わっています。

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの外観9

レンズのフィルター径は72mmです。

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの外観7

レンズ径は男性の手であればなんとか掴めるほどの太さ。

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの外観4

レンズフードを装着すると、迫力がさらに増します。

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの外観5

レンズフードは逆さ付けができるので持ち運びするときに便利。

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの外観2

レンズヘビーになりやすいので、三脚座が付属しています。

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの外観3

レンズのマウント部近くのリングによって三脚座をくるくると回転できます。

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの外観8

三脚座は取り外し可能なので、軽量化のために外して使用することができます。

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの外観11

しっかりとした金属マウントで強度も問題なし

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの外観12

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRのスペック

レンズ製品名XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
レンズ構成16群23枚
焦点距離50-140mm (35mm判換算:76-213mm相当)
開放絞りF2.8
最小絞りF22
最短撮影距離1m
最大撮影倍率0.12倍(望遠)
最大径×長さ82.9×175.9(mm)
重量995g
フィルター径72mm

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRをカメラに装着した様子

FUJIFILM X-E4に装着

FUJIFILM X-PRO2に装着

X-PROシリーズではレンズと少しバランスが悪くなってしまうので、できればX-Hシリーズとの組み合わせがオススメです。

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRのメリット

「FUJIFILM XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR」を使用して、感じたメリットは以下の4つです。

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRのメリット
  • 単焦点並みの描写性能で色乗り抜群
  • AF(ピント合わせ)の性能が優れている
  • ズームレンズなので、撮り逃しの機会損失がない
  • 開放F値2.8通しなので、明るくてボケを作りやすい

それでは順番に解説していきます。

単焦点並みの描写性能で色乗り抜群のレンズ

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの作例1

今まで数多くのズームレンズを使ってきましたが、その中でもトップクラスで色乗りが抜群のズームレンズです。

XF35mm F1.4 RやXF56mm F1.2 Rなどのレンズに近いコッテリとした色味、いわゆる記憶色です。

記憶色とは、人がイメージとして記憶した色のこと。実際の正確な色とは違う場合もあり、人間は脳に記憶した色は実際より色鮮やかに記憶する傾向。

引用:Canon公式サイト
XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの作例16

木々の緑色を非常に綺麗に再現してくれています。

AF性能が優れている

「FUJIFILM XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR」のAFスピードは非常に早くて安定しています。

LM(リニアモーター)を採用しているので、AFの駆動音もほとんど気にならず、動画撮影用としても使えので、動画撮影ユーザーにもおすすめできるレンズです。

運営者:カルビー
運営者:カルビー

2022年以降に発売した新しいレンズと比較してもAF性能の差はほとんど感じるこことはなく優秀です。

ズームレンズなので、撮り逃してしまう機会損失が少ない。

「FUJIFILM XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR」は単焦点並みの描写性能にも関わらず、ズームができるというのは本当に便利です

単焦点レンズを使っていると、子どもの可愛い瞬間が見切れてしまったり、顔が小さくなりすぎたりと撮り逃がしていたのですが、ズームレンズであれば顔のアップを撮ることができます。

また、ズームすることで余計な写り込みを排除でき、撮影後の写真編集作業が楽になりました。

開放F値2.8なので、明るくてボケを作りやすい

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの作例2

「FUJIFILM XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR」は、開放F値2.8とボケ感のあるふんわりとした柔らかい雰囲気で、花や猫を可愛く撮ることができます。

暗いところでは、F2.8と明るいレンズなのでシャッタースピードを短くすることができ、ブレを抑えた写真が撮れます。

また、絞りを絞るとシャキッとシャープな写真を撮影することができます。

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの作例3

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの気になるポイント

「FUJIFILM XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR」の気になる(イマイチな)点は3つ。

  • 長時間の持ち運びは疲れてしまう
  • 望遠側が短い|遠くのものを大きく写せない
  • 価格が高い

長時間の持ち運びは疲れてしまう

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRを持っている様子1

重さは1kg弱あるので、小さな子ども連れで行く旅行や観光で使うのは、なかなか大変!というか•••かなり疲れます。

レンズ長が17cmと長いので、子どもに当たりそうになるシーンがあったり,

子どもを抱っこしながら、このレンズを持っていた時は本当に大変でした•••

また、XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRは観光地では大きくて目立つようで、観光客の目線がカメラに向いていることが結構多かったです。

実際にXF50-140mmF2.8 R LM OIS WRを持っている姿を撮ってみましたが、大きくて目立ちますね。

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRを持っている様子2

その対策としては、レンズフードを外すぐらいですかね…。それなりにレンズの大きさを目立ちにくくなります。

「FUJIFILM XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR」は、子連れの方が観光や旅行で使うには不向きなレンズで、七五三などのイベントや本気の風景写真を撮る時など「ここぞという時」に使いたいレンズです。

望遠側が短い|遠くのものを大きく写せない

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの外観14

今まで超高倍率ズームレンズ(望遠端450mm)を使っていたので、望遠端140mm(213mm)は、少し短く感じることがあります

対策として「望遠レンズというより中望遠レンズを使っている感覚」でいると使いづらさは感じません。

こちらのレンズでは、野鳥撮影や競技場でのスポーツ撮影よりも、

「FUJIFILM XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR」は、ポートレート撮影や風景撮影に向いた望遠レンズです。

もし、野鳥撮影やスポーツ撮影など遠くのものを撮るレンズを探しているなら「【2023年度版】『富士フイルム Xマウントレンズ』おすすめ10選|作例紹介付き」を参考にしてみてください。

価格が高い

価格コムによると、XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの価格は約20万円で販売されています。

単焦点並みの描写性能で明るいレンズなので、価格以上の性能を持ったレンズであることは間違いないのですが……

私の撮影環境では、年に数回しか望遠レンズを使わないことを考えると、ためらってしまいます。

ポートレート撮影をする方や本気で風景撮影をするフジユーザーなら、必須級のレンズです。

使用頻度の少ない方は、レンズをレンタルする選択肢もあります。

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRなら1万円以内でレンタルすることも◎

富士フイルムのレンズをレンタルするなら、こちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
富士フイルムのカメラをレンタルするならどこがオススメ?徹底比較5選
富士フイルムのカメラをレンタルするならどこがオススメ?徹底比較5選

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRがオススメな人

  • ポートレート撮影
  • 風景撮影
  • 子どもを記念写真ではなく本気で撮影したい方

上記をメインに撮影する方で、富士フイルムのカメラを持っているならおすすめです。

写真の腕が上がったと思わせてくれる素晴らしいレンズです。

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRで撮った作例

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの作例4
XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの作例7
XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの作例10
XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの作例13
XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの作例20
XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの作例23
XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRの作例26

まとめ

本記事では、「大三元レンズ|望遠ズーム「フジノンレンズ XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR」レビュー【作例紹介付き】」について書きました。

メリット
デメリット
  • 単焦点並みの描写性能で色乗り抜群
  • AFの性能が優れている
  • ズームレンズで撮り逃しが少ない
  • 開放F値2.8通しなので、明るくてボケを作りやすい
  • 長時間の持ち運びは疲れてしまう
  • 望遠側が短い|遠くのものを大きく写せない
  • 価格が高い

撮影した画像を見ると、デメリットが気にならなくなるほどの良い写真を撮ることができます

好評につきキャッシュバックキャンペーン延長‼️

2023年11月21日〜2024年1月21日3月31日の期間限定で、「FUJIFILM XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR」が10,000円キャッシュバックで購入できます!

参考URL:富士フイルム公式HP

他のXマウント用のレンズを比較したい方はこちらの記事がオススメです。

ABOUT ME
ブログ運営者:カルビー
ブログ運営者:カルビー
カメラが大好きな一児の父です。 カメラが趣味になって10年以上、今までに100万円以上はカメラに費やしてきました。 その経験を活かしつつ、ブログを書いていきます。
記事URLをコピーしました