レンズレビュー
PR

ポートレート撮影なら必須級レンズ!!『フジフイルム XF56mm F1.2 R』購入レビュー

camcam
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

富士フイルムのレンズの中で『大切な人を撮るならXF56mm F1.2 R』と考えている人は多いのではないでしょうか。

フジノンレンズ XF56mmF1.2 Rは、フルサイズ換算85mmで、F値が1.2と非常に明るいレンズなので、ボケを自由自在に作ることができ、『可愛いものを、より可愛いく』撮ることができるレンズです。

実はこのレンズが発売された当初(2014年)に一度レンタルしたことがあったのですが、その時は購入までは至りませんでした。

その理由は『AF性能に満足できなかったから』

当時はFUJIFILM X-E1を使用していて、ピントが合うまでの時間が遅く、ピントを外すこともしばしば。動き物を撮るのは不可能に近いレンズでした。

ですが、『写りに関しては、文句なしの描写』という記憶がしっかりと残っていたので、子供をこのレンズで撮りたいと思い、8年越しで購入しました。

FUJIFILM X-E4に装着して8年振りに使った感想は、AFの性能が感動レベルで向上していました。

X-E4について気になる方は、【購入レビュー作例付き】軽量コンパクトな『FUJIFILM X-E4』毎日持ち歩きたくなる4つの理由を見てください。

フジノンレンズ XF56mmF1.2 Rは、発売から8年も経っているので、今更購入するのはどうかな?と思っているかもしれませんが、最新のカメラボディとの組み合わせによって、最新レンズに匹敵するAF性能に生まれ変わります。

今回の記事では、実際に使ってみて感じた良い点やイマイチな点も含めてレビューしていきますので、購入の参考にしてみてください!

created by Rinker
¥63,600 (2024/04/13 00:27:23時点 楽天市場調べ-詳細)

XF56mm F1.2 Rの概要

フジノンレンズ XF56mmF1.2 Rの外観やカメラに装着した様子を紹介します。

XF56mm F1.2 Rの外観

XF56mm F1.2 R外観
XF56mm F1.2 Rフード逆づけ
X-E4にXF56mm F1.2 Rを装着した写真
X-E4にXF56mm F1.2 Rを装着した写真
X-E4にXF56mm F1.2 Rを装着した写真

大きめのレンズフードは邪魔になるので、外して使うことが多いです。

XF56mm F1.2 Rのスペック

レンズフィルター8群11枚
焦点距離56mm
開放絞りF 1.2
最小絞りF16
最短撮影距離70cm
最大撮影倍率0.2倍
最大径×長さ73.2mm×69.7mm
重量405g
フィルターサイズ62mm

XF56mm F1.2 Rの付属

  • レンズフロントキャップ
  • レンズリアキャップ
  • レンズフード
  • ラッピングクロス

XF56mm F1.2 Rの良い点

フジノンレンズ XF56mmF1.2 Rの良い点は4つです。

XF56mm F1.2 Rの良い点
  • 大きなボケを作ることができる
  • こってりした色味を表現
  • ポートレートに使いやすい焦点距離
  • 持ち運びしやすいサイズ感・重量感

大きなボケを作ることができる

X-E4にXF56mm F1.2 Rで撮影した像

背景に写したくない時に、F1.2の開放で撮ると背景をぼかすことができます。

フルサイズ換算値で85mmで非常に明るいので、ボケ量を調節しやすく、使うのが楽しくなります。

映画『スタンド・バイミー』に使われているレンズのボケ感に似ていて、レトロなボケ感を表現することができます。少しザワつくようなボケが逆に好印象です。

こってりした色味を表現

X-E4にXF56mm F1.2 Rで撮影した神社
X-E4にXF56mm F1.2 Rで撮影した緑

色味に関しては、富士フイルムのXシステムの初期の頃のコッテリとした濃い色味です。

例えば、XF35mm F1.4 Rのような色味が好きな方なら、フジノンレンズ XF56mmF1.2 Rを購入しても後悔しません。

XF35mm F1.4 Rについてはこちらの記事「富士フイルムユーザーが称賛する『XF35mm F1.4 R 』9年間愛用し続ける4つの理由【作例つき】」で紹介しているので、参考にしてみてください。

ポートレートに使いやすい焦点距離

X-E4にXF56mm F1.2 Rで撮影した妻
X-E4にXF56mm F1.2 Rで撮影した女性
X-E4にXF56mm F1.2 Rで撮影した女性

フジノンレンズ XF56mmF1.2 Rは35mm換算値85mmなので、中望遠レンズと呼ばれる焦点距離で、人物撮影に向いているレンズです。

少し離れたところから、撮影することができるのでレンズへの意識が弱まり、自然な表情で撮影することができます。

持ち運びしやすいサイズ感・重量感

XF56mm F1.2 Rの外観
XF56mm F1.2 Rの外観

F1.2という非常に明るいレンズでありながら、最大径×長さ(73.2mm×69.7mm)で重さは405gしかありません。

キヤノンのレンズにはEF85mm F1.2L II USMというF値が1.2のレンズがありますが、重量は1kg超えです。

キヤノンはフルサイズセンサー、富士フイルムはAPS-Cとセンサーサイズに違いはありますが、600gの差は大きいです。

created by Rinker
¥63,600 (2024/04/13 00:27:23時点 楽天市場調べ-詳細)

XF56mm F1.2 Rの気になるところ

最短撮影距離が70cmで寄れない

実際に使用している時にも、子どもが近づいて来ると、しばしば撮影できなくなってしまうことがあります。

花を撮ろうと思ったら、「あれ?ピント合わないぞ、もう少し下がらないと・・・」ってことがよくあります。

後継モデルの「XF56mm F1.2 R WR」なら最短撮影距離が50cmとなっています。

「XF56mm F1.2 R WR」について気になる方は以下の記事がおすすめです。

AF作動音が大きく、AFが遅い

AF作動音がするので、ピントを合わせる時には「カッカッ」とモーター音が鳴ります。動画を撮影する時には、音が入る可能性が高いので動画には不向きなレンズです。

またAFのスピードに関して、FUJIFILM X-PRO2に装着した状態では遅さが気になります。

ですが、FUJIFILM X-E4に装着した際のAFの性能は、素早く的確にピント合わせができるので、

AF性能にこだわるなら、第4世代以降の富士フイルムミラーレスカメラ(X-T4,X-S10,X-E4,X-T30ⅱ)がおすすめです。

もし、AF作動音が静かなレンズを探しているなら「【2023年度版】『富士フイルム Xマウントレンズ』おすすめ10選|作例紹介付き」を参考にしてみてください。

XF56mm F1.2 Rの作例

X-E4にXF56mm F1.2 Rで撮影した街並み
X-E4にXF56mm F1.2 Rで撮影した緑
X-E4にXF56mm F1.2 Rで撮影した橋
X-E4にXF56mm F1.2 Rで撮影したリスの像
X-E4にXF56mm F1.2 Rで撮影した街並み

まとめ

今回はフジノンレンズ XF56mmF1.2 Rについてレビューしました。

XF56mm F1.2 Rの良い点
  • 大きなボケを作ることができる
  • こってりした色味を表現
  • ポートレートに使いやすい焦点距離
  • 持ち運びしやすいサイズ感・重量感
XF56mm F1.2 Rのイマイチな点
  • 最短撮影距離70cmで、近接撮影が苦手。
  • AFの性能はカメラのスペックに影響を受けやすく、第4世代以前のカメラだとAFのスピード・精度が劣る。
    ※第4世代カメラは、X-T4,X-S10,X-E4,X-T30ⅱ
  • AF作動音が大きく、動画撮影用としては、オススメできない。

フジノンレンズ XF56mmF1.2 Rは発売から8年程経過していますが、第4世代以降のカメラと使用すれば、十分すぎるAF性能です。

「XF56mm F1.2 Rは欲しいけど、約10万円って買いづらい・・・」って方は中古レンズがオススメです。

created by Rinker
¥63,600 (2024/04/13 00:27:23時点 楽天市場調べ-詳細)

メルカリやラクマなどのフリマアプリでは、6〜7万円で状態の良いものが販売されているので、ぜひ中古レンズも視野に入れて検討してみてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
ブログ運営者:カルビー
ブログ運営者:カルビー
カメラが大好きな一児の父です。 カメラが趣味になって10年以上、今までに100万円以上はカメラに費やしてきました。 その経験を活かしつつ、ブログを書いていきます。
記事URLをコピーしました